武本と今井寿

来季ですけれども、改革元年という結果、賢くはいかないとは想う。逆に上手く行きすぎてしまうという、また禁止になったときに、またボロボロになってしまうのかな?ってね。そうね。今期、ここまでボロボロになってしまったわけで、すぐには利益でないっていうのはわかってはいる行為。
ですから、今年はその鍵の1つになってほしいものですね。
そのためには、それでは来季は、勝率5割とあとは3近くを目標にね。やるね。そこが全容なのかな?というね。
次いで、来季はこれは個人の診断ではあるのですが、優勝戦争は、2チーム。2連覇やるカープといった我が国種類をめぐって、最強のソフトバンクにいとも善戦したベイスターズの2オーバーはちょこっとやひっそりでは損するでしょうしね。
ですから、3近くになるには、巨人、阪神、中日の老舗3チームをですけれども、ここを倒していかないことには上にはいけないですからね。そこが重要ですが、タイミングはいらっしゃるよ。

宮崎哲弥インテリ原始人

そうなると、誰が次のプロデュースにということになるのですが、個人的には、鹿島で3連覇したオリヴェイラとか良いとは想うけれどもね。ないとは想うが、ネルシーニョとかもありかな?というね。ただ、今度のワールドカップはロシアというため、欧州系のプロデュースの方が、背景として慣れている感じはあるけれどもね。
それでは、日本のJリーグでのプロデュース積み増し生じる人間というのが良いかとはおもう。そうであるのは、邦人の根本をね。わかって得る方が良いかと。
本当に知らないところからやるのであるよりも、根本というのをね。知るほうが初めはしやすいでしょうし、プレーヤーの決めというのもしやすいであろうとね。思って羽織るのですよね。
で、どうするのか?っていうのは、もしも目新しいプロデュースというのを連れてきた際、ロシアの結果にもよるのでしょうが、次の中東のワールドカップまで積み重ねるのか?ロシアで終息。新プロデュースになるのか?ということになるのかでしょうね。